Close

質問の受け答えに必要な準備

介護施設で働くためには職員の採用試験をクリアする必要があり、入念な面接対策が欠かせません。その際、あらかじめ質問に対する答えを用意しておけば、受け答えで失敗する事態が避けられます。

面接質問の重要項目といえば、志望動機。なぜ介護の仕事を目指しているか、なぜこの職場を選んだのか、などがメジャーな質問として挙げられます。

もし面接官から、なぜ介護の仕事を目指しているのかについて質問された場合には、過去のエピソードなどを交えて介護の仕事を志望する理由を答えると説得力があって効果的です。

また、職場を選んだ理由を答えるためには、その職場に関する詳しいデータを調査しなければなりません。
ここで答えが曖昧だと中途半端な気持ちだと勘違いされるため、抜かりが無いように準備しておきましょう。

さらに面接対策として、あえて面接官に対して質問することもテクニックの一つです。
積極性をアピールすることができ、また職場について知りたい情報を得るチャンスでもあります。

例えばどのような人材を求めているかなど、面接を受けている側から質問を投げかける事も可能です。
ただし質問のタイミングを誤ると相手の質問を遮ってしまって悪い印象を与える可能性があります。さらに、質問する内容もよく考えなければかえって評価を下げることになりかねません。
本当に聞くべきことかどうかを自問しながら、無難な質問を用意しておくことが適切です。