Close

臨機応変な対応力が大切

介護は他の業界と比較しても慢性的な人材不足に悩まされている状況の為、比較的内定を獲得しやすいです。
しかし人材を募集している介護施設はいい加減な採用を行っている訳ではなく、一定以上の能力を備えている人材なのか、きちんとチェックは行っています。

基本的には、しっかり高齢者とコミュニケーションを取れる人材なのか、その教養があるかを判断しています。
理由として、臨機応変に話せる教養を身につけていれば、色んな人に介護を行えるからです。

それに加えて、必要最低限の介護人材なのかも判断を行っています。
介護に関する資格だけでは判断できない備わっている能力などを面接時に確認していて、応募者は上手く対応しなくてはいけません。

場所によって面接のスタイルはさまざまなので、とにかく個人、集団という面接の中でも自分をアピールできるように練習しておくと安心です。
介護施設によって、どの面接を行ってくるのかは全然分かりません。そこでどの面接の種類でも自分をしっかりとアピールして、好印象を与えられるように工夫しておきましょう。

個人の場合は特に緊張しなければ、話の中でアピールを行えます。しかし集団面接の場合には、ライバルがいるのでそのライバルよりも好印象を与えなけらばいけません。その他にも面接のアピール具合だけではなく、服装マナーなどもきちんと身につけていなければ、話すら聞いてもらえません。

最低限のマナーはあるものの、実際にどこを重視しているのかは面接官によっても変わってきます。どんな視点から見られても万全の状態で挑めるように、面接対策の基本はしっかりと頭にいれておきましょう。