Close

未経験で介護職を目指す時の面接対策

高齢化が進む中、介護職員の需要が著しく高騰しています。
そうした中で、介護や福祉に興味を持つ人が増えてきたことにより、業界外からの転職を考える人も多くなりました。

需要が著しく高いため、未経験でも業界外からの採用を行うケースも増えている現状はその傾向を後押ししていると言えるでしょう。
しかし、未経験者を募集しているケースであっても誰もが採用されるわけではありません。職場に来てもらって役に立つ人材だと認めてもらえてようやく採用されるという点はどこの業界でも同じです。

介護職に転職するときには、介護と自分のキャリアとの関連性を考えて直接結びつけられればそれに越したことはありません。医療や福祉に関わってきた場合には、キャリアとの関連性から自分の魅力をアピールするのは簡単でしょう。

しかし、全く関連性のない職種から介護業界を目指す人もいます。
そのときに重要になるのはただ志望動機を列挙するのではなく、やはり自分のキャリアと介護業界を結びつけることなのです。
難しい場合は、メンタル面や体力面でつながりはないかと考えてみると良いでしょう。
ストレスの多い仕事をしてきたのならメンタル面が強靭であると訴えかけることができます。体力を要求される仕事をしてきたキャリアがあるのなら、介護の重労働をものともしない身体ができていると伝えると良いでしょう。
面接対策として重要なのがキャリアとの関連性を見出しておくことであり、業界外からの場合には特に重要になってきます。